語学力・英語力を活かせるお仕事です

≫  英語が大好きで  ≫   人も大好きで  ≫  好奇心 満天の人なら---- エントリーの準備をしよう!

翻訳・通訳の視点から、英会話レッスンをデザインする MyPace Englsih
翻訳の仕事を通じて集めた 15,000を超える英語情報、イディオムや、
例文をデータベースに入れ、講師と共有している点で、ユニークです。

データベースには、日本語の発想からは浮かばない英語の言い回しや、
日本の英語教育では見落とされている、大切なことを収録。
翻訳・通訳者が手作業で選び出した 「これは役に立ちそう」
と思う英語表現が、英会話レッスンに生かされています。

何故こんな手間をかけるの? 答えの一端は、私たちが英語表現の豊かさや、
機微を大切にする姿勢と密接です。 言葉のやりとり。 気持ちを伝えること。
それが日本語であっても、気持ちを置き去りにした表現は、耳に気持ちよくありません。
用件を伝えることに心をとらわれ、相手の立場や感情を顧みない。
そんな英語が日本には、たくさんあふれている。 だからあえて提案したいのです。

英語はある意味、西洋文化を凝縮した世界。 ただでさえ誤解が生じやすい。
それを解決するためには? これは、あまりに大きな問いかけですから、
そうならない英語の流れの作り方を、みなさんと一緒に考えて、工夫する。
選りすぐった英語のデータが活躍する。 その現場がプライベート・レッスンです。

英語情報をデータ化し講師と共有するのは、日本で初めての試み。
講師ひとりの記憶や、数冊の本では収まらない量の情報を整理し
取り入れた英会話プライベート・レッスンは、新たな質感。
深みや、密度が吹き込まれます。
Q. 外国人講師を使用しないのは、なぜですか?

A. (a) 日本語を母国語とし、発想・発話する日本人に、(b) 英会話という音声情報を
(c) 左脳で体系化し、(d) 右脳での感覚操作へと昇華させる

左脳で論理的に、紐解き、整理し、積み重ねるのが、私たちのアプローチ。
物事を全体的にとらえ、全体から細部に入る、右脳的な展開(外国人講師によるレッスン)に
起こりがちな散漫さがありません

(1) 学校主導の英語は違和感を残し、(2) 外国人講師によるレッスンは疑問を残したまま。
どちらにも偏ることのない、「翻訳・通訳の視点から、英語操作力を高める」 という、
3つめの発想は中庸で理にかなうもの。 (1)、(2) とは違う角度から構築します